院紹介

飼い主さまのご希望をかなえる
動物病院でありたいと考えています。

院紹介

座間動物病院では、飼い主さまのライフスタイルやお考え、わんちゃんやねこちゃんの個性などに合わせた診療をきめ細かく行うことで、飼い主さまのご希望をかなえる動物病院でありたいと考えています。

診療動物

犬と猫を中心に診療しています。うさぎ、ハムスター、フェレットなどの小動物や小鳥についてもご相談いただけます。

院の特徴について

地域密着の動物医療

周辺に自然が多い座間市の環境にしっかり合わせた予防のご提案を行うなど、地域に密着した医療を提供しています。

進んだ動物医療の提供

獣医療界の最新情報を幅広く収集し、できる範囲で飼い主さまに還元していきます。大学病院との連携治療など、高度動物医療に関してもお任せください。

インフォームドコンセントの徹底

飼い主さまが本当に望まれる治療を選択できるよう、さまざまな選択肢のメリットやデメリットをわかりやすくご説明しています。

生涯の健康を見据えた予防

その場限りではなく、そのコの将来の健康も見据えた診療を心がけ、生涯に渡ってそのコの健康を見守っていきたいと考えています。

ペットホテルやトリミングも対応

ペットホテルでのお預かりやトリミングも当院でお受けしています。獣医師監修なので、ご安心いただけます。

往診のご相談も可能

ご高齢になってご来院が難しい場合など、往診のご相談もお受けしています。対応可能な時間などもありますので、まずはご相談ください。

診療時間・アクセスについて

院名 座間動物病院
住所 〒228-0023
神奈川県座間市立野台2-24-28
駐車場 1台
TEL 046-251-4204
診療時間
9:00~12:00 × ×
16:00〜19:00 × × ×

休診日 水曜日、祝日、日曜日午後

夜間など時間外診療は、提携している『相模原どうぶつ夜間救急センター』に連絡をお願いします。
TEL:042-757-2230 / 042-757-3166

アクセス
小田急線「座間駅」から徒歩15分
神奈川中央交通「立野台」バス停留所から徒歩5分

院長あいさつ

座間動物病院 院長 曽根 敦史

愛犬や愛猫を連れて通った院の院長に

私は座間で生まれ育ちました。家族も動物好きで、生まれた時からいつも犬や猫がいて、座間動物病院には飼い主として愛犬や愛猫を連れてずっと通っていました。獣医を志したのも、座間動物病院で後藤欣一先生の診療に接しているうちに、「自分でも動物たちの病気を治せるようになりたい」と思ったことが大きなきっかけになっています。

麻布大学を卒業し、獣医師として研修勤務をしている間も、いつか開業して後藤先生のように地域の方に信頼される獣医師になりたいと考え、その日に向けて研鑽を積んでいました。そんなある日、後藤先生から座間動物病院を引き継いでほしいと声をかけていただきました。愛犬や愛猫を連れて通っていた動物病院ですから思い入れもありましたし、なにより地域で信頼されている後藤先生から声をかけていただけたのはうれしいことでした。そんな不思議な巡りあわせで、2012年10月にこの病院を引き継ぎました。

地域に密着した医療プラス、獣医療界の最新情報に基づいた診療

座間動物病院の診療方針は、常に飼い主さまのお気持ちに配慮し、できるだけ柔軟に対応して飼い主さまが一番納得できる診療を行うこと。そして、大切にしているのは、地域に密着した医療です。前院長の時代から引き継いだこの姿勢は変わりません。それに加えて、獣医療界の最新情報を基にした私自身の知識や経験を活かして、早く、確実に病気を発見し、早期治療を実行するなどで幅広いご希望にもお応えできるようにしていきたいと考えています。また、大学病院などの専門ドクターの知己も多いので、高度動物医療を希望される場合には、連携治療やご紹介も可能です。

信頼関係はコミュニケーションから

わんちゃんやねこちゃんは身体の状態を話すことができません。ですから、動物の診療にはそのコのことをよくわかっておられる飼い主さまとのコミュニケーションがとても大切です。当院では、飼い主さまとしっかりコミュニケーションをとって信頼関係を築き、わかりやすい言葉でインフォームドコンセントをしっかり行い、飼い主さまがそのコにとって一番いいとお考えになる治療や予防を選んでいただけることを基本とした診療を行っています。

院内紹介

受付

診療室

飼い主様へのコメント

動物たちが教えてくれたこと

私も家で犬と猫と暮らしています。犬はポインターのハンナ、猫は白にグレーのぶちがあるサクラです。サクラは私がまだ中学生だった時に引き取った猫で、現在19歳。特に大きな病気にもかからず、まだまだ元気です。このサクラをはじめとして子どもの頃から多くの犬や猫と暮らしてきて、それぞれの動物たちが獣医学の勉強では学べないことをいろいろ教えてくれました。こうした経験も獣医師という職業に大きく役立ってくれていると感じています。

たとえば動物も、それぞれがしっかり自分だけの個性を持っています。そこで当院では、そのコの個性や性格、体質などをしっかり見極めて、無理をさせない診療を心がけています。どうしても必要がある場合には治療を優先させますが、経過観察で大丈夫な時期に無理な治療をすることは大きなストレスになります。こうしたストレスがかえって状態を悪化させることもあります。そのコにとってどうするのが一番いいのか、飼い主さまと相談しながら慎重に見極めて診療を行っていきます。

気軽にお立ち寄りください

散歩途中でわんちゃんの喉が渇いているようでしたら、お声をかけていただけたらお水をさしあげます。また、ねこちゃんの飼い主さまで、ねこちゃんを連れずにまず相談だけしたいという場合もお気軽においでください。

年齢を重ねても元気に過ごせるように

当院では、わんちゃんやねこちゃんと長くお付き合いして、生涯の健康をサポートしてさしあげたいと考えています。最近はわんちゃん、ねこちゃんの寿命が昔とは比べ物にならないほど延びています。当院ではわんちゃんやねこちゃんが長く健康で元気に過ごせるよう、何歳であっても、長期的な視野に立った診療を行っています。

座間動物病院 お電話でのお問い合わせ046-251-4204 住所:〒228-0023 神奈川県座間市立野台2-24-28 最寄駅:小田急線「座間駅」から徒歩15分 神奈川中央交通「立野台」バス停留所から徒歩5分 駐車場:1台
bnr_inq_sp.png